投資マンションを考える | 投資の利用は、不動産投資会社で効率的に行なえる

投資マンションを考える

外貨

人口は集中してきます

ここ最近はワンルームの投資マンションを見かけなくなってきました。これは建設されていないのではなく、市場に出回る前に売れてしまうからです。つまり、不動産投資市場が活況になっているわけです。不動産投資セミナーに行ってみても活況ぶりが伺えます。ワンルームの投資マンションを紹介しているブースもありますが、数年前に比べるとかなり減りました。今、売れるものがないからです。これから不動産投資をしようと考えているのであれば、あらかじめ、いろいろな不動産会社にあたっておきましょう。今後、投資マンションはさらに活況となってくる可能性があります。人口減少の時代にあって、これだけ投資マンションが活況である理由は、一部の地域に人口が集まってきているからです。

ワンルームマンションは少なくなります

しかし、一方で土地は限られています。そのため、ワンルームマンションを建設したくてもなかなかできないのです。大きな土地があればファミリータイプマンションのマンションになってしまいます。そのため、これからはファミリータイプマンションを投資対象とすることも考えておかなければなりません。1戸当たりの投資額は大きくなりますが、ファミリータイプマンションの場合、実需もあるため、空室であるほうが売りやすいという特徴があります。オーナーチェンジ物件を購入して、賃借人が退去するまで保有し続け、空室になったらリフォームをして売却するという戦略もとることができます。今後は少し視点を変えて不動産投資に臨んでみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加